相続人が多くて話がまとまらない場合

相続人が多くて話がまとまらない場合

相続人が多くて話がまとまらない場合

相続人が多くて話がまとまらない場合

故人の遺産を相続するためには…

相続人の中に認知症

まず被相続人の出生から死亡までの戸籍を収集して法定相続人を調査したうえで、相続人全員で遺産分割協議を行う必要があります。

遺産を分割して、預金の引き出しや
不動産の名義変更をするためには…

1.遺産の分割内容について相続人全員の同意が必要です。

相続人が多ければ多いほど、遺産分割の話し合いをまとめることは勿論、話し合いの場を持つこと自体が難しいことも珍しくありません。 相続人皆様が、それぞれに様々な事情の中で生活をしているので、全員で顔を合わせる予定が合わないのもやむをえませんし、話し合いの内容にも希望の相違が生じるのは当然のことです。

2.相続人全員の遺産分割協議書への押印が必要です。

全員が遺産分割の内容について同意できたとしても、その事実だけを口頭で伝えても金融機関も法務局も対応してくれません。つまり、遺産分割について、口約束や要件を満たしていない書面の提出では、手続を進めることができないのです。
相続手続を具体的に進めるためには、相続人全員が遺産分割協議内容に同意したことを証明しなければなりません。その証明となるのが遺産分割協議書であり、遺産の分割内容について相続人全員の署名捺印と印鑑証明書が必要となります。
 
相続人が多い場合や、しかも遠方にお住まいの相続人がいるような場合は、押印のための書類の確認ややり取りだけでも相当な労力や時間を必要とします。

当事務所のサポート

当事務所のサポート

当事務所にご依頼いただければ、相続人の調査から遺産分割協議書の作成、お手紙の作成に関する相談まで、サポートをさせていただきます。
慣れない手続や書類の準備・作成に振り回されることになりがちな遺産分割について、第三者である専門家として、知恵と知識と経験で最大限サポートさせていただきます。

相続手続き丸ごと代行サービス

よくご覧いただくコンテンツ一覧

よくご覧いただくコンテンツ

  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

よく、ご相談いただくサービスメニュー

主な相続手続きのサポートメニュー

世田谷で遺産相続のご相談は当相談所にお任せください!

相続遺言世田谷相談所 - 無料相談

相続遺言世田谷相談所 - 無料相談

無料相談

体験談

解決事例